ぐうたら生活返上宣言

昨日ほどじゃないけど、今日もかなりの猛暑(汗)
こんな日は、とにかく起きているだけで暑いので、つい和室で畳の上に寝転んで涼んでしまう。
そしていつの間にか眠っていて・・・気づいたらお昼、夕方!なんてこともしばしば(汗)
こんな自堕落な生活を送っていたんじゃ子供にも示しが付かない!と思いつつ、子供たちが夏休みで朝早く送り出したりする必要がないのをいいことに、またぐだぐだ・・・。
その間、子供たちは何をしているかと言うと、漫画を読んだりテレビゲームをしたり、二人でカードゲームをしたり・・・と思い思いに過ごしているらしい。
もう母親にべったりするような年齢じゃないので楽なんだけど、誰も長いお昼寝を止めてくれない・・・っていうのが少々困りもの(笑)
なので、最近は子供たちに「お昼寝してたら○時には起こしてね」と一声かけるようにしている。
そうすると子供が起こしてくれるから、適度にメリハリのある生活を送れるんだよね。
うーん、自分でもつくづく、ぐーたらな母親だなあと反省(汗)
夏休みも来週の頭で終わり。子供たちの宿題をチェックしなきゃいけないのはもちろん、学校に持って行くぞうきんとか、通信票のコメントを記載しなきゃいけないとか、親もやること盛りだくさん。
最低でも今週中にはすべて準備を終わらせなきゃ!明日はぐうたら生活返上でがんばろう。

全身脱毛を夢見て

ピュウベッロ ハイジニーナの広告を見て、今はVIOをケアするのが当たり前の時代なんだなあ・・・と改めて実感した。
そういう私は自他ともに認める剛毛(汗)女なのに異様に毛深くて、小学校高学年の頃から、友達と自分の手足を比べて、なんで自分だけこんなに毛深いんだろう・・・と悩んだことも多かった。
でも昔は今と比べて脱毛するサロンやクリニックが極端に少なくて、もちろん子供が通えるサロンなんてもってのほか。
かろうじて、むだ毛を脱色できるというアイテムがあったんだけど、どこに売っているかわからず、仕方なく手軽に使えるカミソリでこまめに処理していたのを覚えている。
30歳を過ぎた今もむだ毛の悩みは消えたわけではないんだけど、数年前に両ワキ脱毛に通ったら、2日に1度はケアしなきゃいけなかったむだ毛がほとんど生えてこなくなってびっくり!
レーザー脱毛だったからそれなりに痛かったけど、それを我慢してあまりあるほどの効果が得られて満足だった。
今は腕や足、口周りのほかにできればVIOの脱毛も・・・なんて考えているけど、そうするとほぼ全身脱毛になっちゃうから、お金と時間が足りない~(汗)
数年単位でひとつの部位ずつやっていくしかないかなあ。

出産祝いに悩む

友人夫婦に赤ちゃんが生まれたという連絡が来たので、出産祝いを贈ることにした。
自分たちの時は、入院中はケーキやフルーツ、お花。家に戻ってからは洋服やスタイ、ベビー用の食器などをいただいて、どれもうれしかったのだけど、ケーキなどの生ものは量が多すぎて食べきれなかったことがあるので、とりあえず食品は避けることに。
また、いろいろネットなどで調べてみると、洋服は好みが違うと喜ばれない・・・とか、ベビー用食器もすでに買いそろえている場合はかさばってしまう・・・とか、いろんな意見があって、調べれば調べるほど悩むように(汗)
まあ人の好みや感性は千差万別だから、万人に喜ばれるプレゼントなんてないんだろうけど、それでもなるべく相手の負担にならず、喜ばれるものを贈りたいよね。
ぶっちゃけ、「金券」が一番うれしいという意見がネットでは大半を占めていたんだけど、金券の場合、値段がはっきりわかってしまうこと。やっぱり少し味気ないこと・・・などがあり、ちょっと躊躇してしまう。
結局さんざん迷った結果、おむつなどの消耗品と、赤ちゃんの手形を取れるセットをプレゼントすることにした。
消耗品なら一時的にかさばっても使えばなくなるし、何よりおむつみたいに「必需品だけど、実際に買いに行くのは大変」なものをプレゼントされれば少しは役に立つかな?と思って。
実際、うちでもおむつとおしりふきのセットをもらったことがあって、赤ちゃんがいてなかなか買い物に行けない時期はとても重宝したんだよね。
それと、手形セットも実際にプレゼントしてもらったんだけど、小学生になった長男の手と、赤ちゃんの時の手形を合わせてみると「これだけ大きくなったんだなあ」って成長を感じられてうれしいんだよね。
独断と偏見で選んでしまったプレゼントだけど、喜んでもらえるかな?

子供の急な発熱

子供は急に熱を出す・・・というけど、この連休はまさにその典型例だった(汗)
まずもともと咳が出始めていた上の子が発熱。熱そのものは高くなくて、おそらく38度くらいだったと思うのだけど(出先だったので計れず)、やっぱり普段と比べると元気がなく、食欲もあまりない様子。
仕方ないので風邪薬を飲ませ、首とおでこに冷えピタを貼って寝かせていた。
その日は年に数回しか会えないいとこと遊ぶチャンスだったので、本人も悔しそうだったけど、体調の悪さには勝てないよね(汗)
市販の薬だったので効くかどうかわからなかったけど、これが思った以上に働いてくれて、夕方には解熱。
本調子ではなかったけど、残りの時間はいとことも遊ぶことができてうれしそうだった。
ところがその翌々日、今度は下の子が発熱・・・。
こちらもわかりやすく、目が少しうるんでいて、いつもより元気がない。
体温計で測ったらやっぱり38℃程度。おなじように薬を飲ませ、冷えピタを貼って寝かせたら、翌日にはすんなり解熱した。
ウイルス性の風邪じゃなく、どうやら単なる疲れからきた発熱のようだったので、ほっと一安心。
もうすぐ夏休みも終わり。まだ残り一週間でいくつかイベントがあるので、しっかり体調を整えてばっちり思い出作ってほしいなあ。

剛毛に悩んだ子供時代

うちには二人子供がいるんだけど、二人とも顔は断然父親似(汗)
正確に言うと、上の子が旦那にそっくりで、下の子がその上の子に似ている・・・という感じ。
約10ヶ月の妊娠生活を過ごし、痛い思いをして生んだのは私なのに、何だか不公平だなあと思う(笑)
ただ、まったく私に似ていないわけではなくて、二人とも部分的に私の遺伝を受け継いだなあというところもある。
でも、受け継いだのがいいところならともかく、自分でもコンプレックスになっているとこばかり・・・。
たとえば額が三角形で狭いところとか、毛深いところなんかが似てしまった。
特に下の子は女の子なので、私の剛毛体質が遺伝してしまったのがかわいそう(泣)
今はまだ小学校低学年なのでまったく気にしていないけど、そのうち高学年になったり、中学生になったりしたら気になり出すんだろうな。
かくいう私も、思春期の頃には自分の腕や足の剛毛が気になって、こっそりカミソリで剃ったりしてたもん。
でも自己処理だとすぐにまた毛が生えてくるし、ブツブツも気になるんだよね。
当時はサロンで脱毛・・・なんてあまり一般的じゃなかったし、そもそも子供が利用できるものじゃなかったので、結局実際に脱毛したのは30代過ぎてからだったなあ。
今は子供も利用できるサロンがあるし、ケノン 剛毛みたいに家でも手軽に脱毛できるアイテムも販売されているから、昔より剛毛に悩む子供は減るのかな。

小学校はレトロであってほしい

うちには小学生の子供がいるので、授業参観や親子行事なんかでたまに小学校に出向くこともある。
小学校の雰囲気って今も昔もあまり変わらないな~と思う反面、要所要所で「これが今の学校か!」と思うことも。
たとえば先日、算数の授業参観に行ったんだけど、大きめの液晶テレビが教室の隅にでんと置いてあって、そこに図形が映し出されてあった。
何かと思ったら、テレビにノートパソコンをつないで、今回勉強する図形を表示させてたというわけ。
ただ表示させるだけでなく、クリックでその図形の書き方の手順なんかを再現してくれるから、子供たちにもわかりやすい。
もちろん私たちの時代にはこんなアイテムはなく、先生が大型の三角定規を一生懸命使って手書きで描いてたっけなあと思い出した。
まあどっちがわかりやすく、見やすいかと言ったらテレビ&パソコンなんだけど・・・でも、何だか味気ないなあと思ったのも事実。
あの大きな三角定規も、いずれは学校からなくなっちゃうのかな?
寂しさを感じるのは私たち親世代だけなんだけど、個人的に学校って、もっとレトロでなつかしいものであってほしいなあ。
聞くところによると、いくつかの学校では理科の実験の定番だったアルコールランプを置いていなかったり、ホワイトボードを使うからチョークがなかったりするところもあるんだって。
うーん、やっぱり味気ないなあ(笑)

料理上手な人との違い

主婦業も10年以上になるとそれなりに板についてくるもので、苦手だった家事も何とかひととおりこなせるようになってきた。
まあ掃除とか洗濯は練習しなくてもある程度できるものだけど、問題は料理。
私は結婚するまで実家にいたので、料理は恥ずかしながら全部母任せ。
もちろん自分でも何度か作る機会はあったけど、いわゆる「料理のまねごと」程度で、失敗することもしばしば・・・。
そんな状態で結婚したから、最初のうちは定番料理はもちろん、ちょっと凝ったアレンジ料理なんてもってのほかだった。
それ以前に、どの材料をどれくらい買えばいいのか。そもそもどの素材を選んだらいいのかわからず、スーパーでうろうろすることも多かったなあ。
今では料理上手とまでは言えないけど、とりあえずスーパーでお買い得な材料があったら買って、家でレシピを調べてささっと作る・・・くらいのことはできるようになったと思う。
子供たちも「おいしい♪」と喜んで食べてくれるので、料理の腕がそこそこ上達したのは間違いない・・・かな?
ただ、基本的に料理があまり好きじゃないから、お料理上手な友達の家に招かれたりすると、まず見た目から違うのに驚かされる。
料理上手な人って、味がおいしいのはもちろんだけど、ちゃんと見た目にもこだわるんだよね。
私は「とりあえず味がおいしければいいじゃん♪」という性格なので、見た目はお世辞にもいいとは言えない(汗)
こういうところを磨けば、料理の質もあと一歩上がると思うんだけど、何せ興味がないからその「一歩」が遠いんだなあ(笑)

鶏胸肉のパサつきを防ぐ方法

ダイエットには鶏肉、特に脂身の少ない胸肉がいい!と知り、ここ最近はずっと胸肉ばかり買うようになった。
鶏胸肉のいいところは、ヘルシーで、しかももも肉より値段が安いところ!
美容にも健康にもいいし、節約にもなるなんて一石二鳥♪まさに家庭の主婦の味方だよね。
でも唯一の欠点が、もも肉よりぱさぱさしやすいこと・・・。
もも肉はやっぱり脂身があるぶんジューシーだけど、もも肉は焼いても茹でても蒸しても、中がぱさついてしまうのが悩み。
そんなときは、インターネットでレシピ検索!胸肉の調理法を調べてみたら、思った以上にレシピが出てきてびっくり。
中でも「パサつかない」「しっとり」「ぷるぷる」など、胸肉の欠点をカバーするレシピが多くて、ああやっぱりみんな胸肉のパサつきが気になっていたんだなあと(笑)
で、そのパサつきの解消法だけど、一番主流だったのは、胸肉に片栗粉をまぶしてから茹でること。
こうすると水分が抜けにくくなるらしく、しっとりぷるぷるに仕上がるんだって。
そこで早速試してみたら、一口目で違いを実感!食感がなめらかで、かんでもパサパサしなかった。
もちろん、もも肉のジューシーさまでは再現できないけど、胸肉ならではのさっぱり加減が引き立つから、鶏肉は好きだけど重いのはちょっと・・・という人にもおすすめのレシピだと思ったよ。

台風の夏祭り

先日、台風が近づいているというのに地区の夏祭りが開催された。
私は役員だったので、夏祭りのお手伝いをしなければならず、開始30分前に現地へ。
そうしたらすでに子供たちでいっぱい!女の子たちは浴衣を着ている子も多くて、一気に夏祭りって気分になった。
雨も小降りだったので、お客さんが来ないんじゃないかなあという心配も杞憂に。
ちなみに私が担当したのは輪投げコーナー。手作りの輪投げなので、よくあるスポーツイベントの本格的な輪投げに比べるとちょっと見た目も強度も劣るんだけど(汗)それでも1回50円という安さのせいか、始まったとたんに子供たちの行列がずらりと並んだ。
1回あたり3つの輪を投げられるんだけど、輪も的も大きいのに、これが意外と入らない。
一度も入らずに終わる子が続いたので、輪投げの的の角度を調整して、ちょっとハンデをあげたりして(笑)
はずれても駄菓子1個がもらえるので、子供としても損にはならないし・・・ということで、1人で何回も並んでやる子も多かった。
途中で雨脚が強くなったこともあったけど、時間が経つにつれてむしろお客さんは増えて、小さな地区の夏祭りとしては大成功だったんじゃないかな?と思う。
一緒に連れて行った子供たちも、かき氷やわたあめを食べたり、現地で会った友達と遊んだりして、それぞれ楽しんでいたみたい。
あいにくの雨だったけど、げんなりしているのは大人だけで、子供たちは天気が悪くても楽しいイベントと友達がいればうれしいんだなあと感じた。

明日の準備でバタバタ

明日から夫の地元に帰省&キャンプだというのに、前日までまったく準備も何もしていなかった・・・・。
一応買い出しはしていたけど、キャンプに使う調理器具を準備したり、衣類などをバッグにつめたりといった作業はまったくゼロ。
しかも今日は午前中に出かける用事があったので、本格的に準備を始めたのは夕方になってから・・・。
本当はもっと早くやり始める予定だったのだけど、午前中のお出かけが想像以上に疲れて、ついついお昼寝しちゃった(汗)
もちろん子供たちにも準備を手伝ってもらったけど、平行して夕飯の用意もしなきゃいけなかったので、まさにてんやわんや。
お盆に帰省して、ついでにキャンプするのは毎年のことなので手慣れているはずなのに、なぜか今年は余裕というものがまったくない。
去年に比べてお盆前後の予定がつまっていて、身動き取れなかったのが原因なのかも。
それでも何とかひととおりの用意はできたので、ぐったりしつつも安心。
台風もようやく過ぎ去ってくれたし、明日からは天気がいい中、キャンプをめいっぱい楽しめたらな~と思う。
そのほかにも親戚のところにあいさつに行ったり、お墓参りしたり、実家で過ごしたりと予定は山盛りだけどね(汗)
まあ幸い、義実家との関係は良好・・・だと思うから、そんなにストレスにもならずに済んでいるけど。

新旧ドラえもんを思う

私たちの世代では、ドラえもんと言えば大山のぶ代さんだったし、のび太くんたちの服装はいつも同じだったし、絵柄も今とはちょっと違っていた。
でも数年前に声優さんが一新すると同時に、絵柄も服装もがらっと変わり、今では季節に合わせてファッションが変化するし、水田わさびさんのドラえもんが定着している。
うちの子供たちは当然今のドラえもんしかしらないので抵抗なく見ているけれど、私はNEWドラえもんに慣れるまでかなりの時間がかかった。
正直、慣れてきたのはここ1~2年くらい(汗)それまでは大山のぶ代さんじゃないドラえもんはどうも受け付けず、今風のファッションになったのび太君たちにも違和感があって、さらにはCGを使ったアニメーションにも「何か違う・・・」という気持ちがぬぐえなかった。
そんなNEWドラえもんにようやく慣れてきたという時に、つい先日、3DCGのドラえもん映画が公開された(汗)
ドラえもんのアニメの途中にも何度か番宣が入るので繰り返し映像を見たんだけど、違和感ありまくり・・・。
NEWドラえもん世代の子供たちにとっても未知のドラえもんだったと思うんだけど、それでも「絶対見たい!」と言い、実際おじいちゃんと一緒に映画を見に行って、「おもしろかった!感動した~」と喜んで帰ってきた。
映画レビューを見ると確かに評判はいいみたいだけど、でも私が3Dドラえもんに慣れるにはまた長い時間がかかりそうだわ(汗)

エアコンを使わない生活

昨日、今日は台風の影響で気温がかなり下がったので、雨は降っているけど過ごしやすい。
でもその前までは連日30度超えの真夏日が続いて、どこにいても何をしていても自然と汗がふきだしてきて困った。
家にはエアコンもあるけど、体が冷えすぎるのが嫌なので、去年はなんと一度もつけなかった。
家のほとんどの窓を全開にすれば、何とか風が入ってくるし、扇風機を使えば割と何とかなるんだよね。
もちろん、熱中症の危険性があるほどの暑さになったら子供たちのためにエアコンはつけようと思っているけど、去年はそこまでいく前に秋が来てしまった。
もともと風通しが良くて、エアコンのない家で育ったので、どうもエアコンのある生活って苦手みたい。
ただ、そのぶん家の中ではとても人に見せられない格好をしている私・・・(汗)
タンクトップにショートパンツを履いて、ぐだ~っと寝転んでいる。
こんな格好、家だからできるのであって、外だったらむちむちの腕や足が目立つし、さらにはむだ毛も気になるからとてもできない(汗)
ほんとは全身脱毛すればいいんだろうけど、お金もかかるし、年齢もそう若くないから行きにくいんだよね。
でも同い年の友達もこの間銀座カラーで脱毛してきたって言ってたし、割と同世代の人も利用しているみたいだよ~って言ってたから、勇気を出して行ってみようかな~。
ま、その前に予算と時間を確保しなきゃいけないんだけどね(汗)

お盆に台風直撃?

台風11号が接近中で、西日本ではかなりの大雨被害を受けたみたい。
私は東日本在住なので、まだ11号の被害をもろに受けてはいないけど、今になってやっぱり雨が降ってきた。
明日は実家の家族と一緒にバーベキューしようと約束していたのに、明日こそ雨のピークだっていうからがっかり・・・。
定年退職した父はともかく、今も現役バリバリで働いている実母は忙しくて、スケジュールが合うのはめずらしいから、子供たちも楽しみにしていたんだけどな。
普段お仕事をしている人は、週末に天気が崩れた方が通勤でさんざんな思いをすることがないからいいかもしれないけど、週末にレジャー計画を立てている人にとってはげんなりしちゃう。
特に今日からお盆休み~♪って人は、来週の日曜まで最高9連休で、旅行に行く計画を立てていた人も多かったんじゃないかなあ。
ちなみにお盆に台風が来るのは11年ぶりとか?8月って台風が多いイメージだったけど、お盆に台風直撃っていうのはそんなになかったんだなあ。
ただ、一般的なお盆休み=13日~15日には台風は去るみたいだから、本当の意味での「お盆直撃」はないのかも。
そのかわり、今度は台風一過で猛暑が戻ってくるんだろうなあ・・・。雨だけど涼しいのと、晴れているけど猛暑。どっちがマシだろう(汗)

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !